自分のネガティブな面にとことん向き合い
「自分で気づき、腑に落ちる」大切さを感じた人生の3つの転機


「考えて現状を変えられるような何かを見つけ出すことが喜び」
その一方で、自分を否定する癖からは、なかなか抜け出せずにいた30年。

外では強気に、バリアを張って距離を取り。内側では、そんな自分を叱咤激励のつもりで責め続け、変われる何かを探し続ける。

その繰り返しで、進学は心理の道を考えたことも。でも自分の心の弱さを自覚していたからこそ、その道は断念。

「考えて現状を変えられるような何かを見つけ出すことが喜び」であるところを活かして経営を学び、家電メーカーの商品企画となる。

仕事は充実していたものの、ずっと心を捉えて離さないものは、自分と人との関係性。

「自分で自分を整えられる場所」を作りたい。その想いを諦めきれず、退職。

同時期に結婚し、手探りで始めるものの、ここから10年以上続く迷走期に入る。

今思えばこの迷走期に自分を責め続け、自己否定を強化して、その根っこにある人間関係への不安も強化してしまった。

転機その1 : 恐怖の引越し


そんな最中夫の仕事で、関東に引っ越すことに。このとき娘は幼稚園児。

未知の関東に、まだまだ母子セットでの付き合いが必要な年頃の子を抱えて、新しい環境に入っていくことを考えたら、「自分が人間関係で失敗したら、その害が娘に及ぶかもしれない」という恐怖から、大号泣。

状態のひどさに、夫からは病院の受診を勧められる。

強く思ったことは「娘に引越しを伝えるまでに、自分の気持ちを整理して、普通に話せるようにならないと」ということ。

このままの状態で話せば、引越しは、「人間関係は怖いこと」と彼女に誤ったイメージで伝わってしまう。

だから、自分の恐怖の原因に必死に向き合った。それまでに自分が学んできたこと、インターネットの情報にも頼り、とことん自分のネガティブな感情に向き合って、37日後。

なんと自己否定の根っこにあった自分の気持ちを消化し、ようやくありのままの自分を受け入れることができた。

今思えば、このときの体験がはじめてセルフ・コンパッション(自分への思いやり)を持てた瞬間。

この体験を機に、変化が起きはじめる。前に進めるようになった。

何かをしようとするたびに「お前にできるわけがないだろ」「だからダメなんだよ」と責め続ける心の声が小さくなり、

失敗しても、傷ついても、受け容れてあげられる自分ができた。


転機その2 : 夫との壮絶バトルの日々


自己否定が強かったときは、何でも自分が〇〇だったからと思い悩み、溜め込んで爆発することが多かった。

でも、自己否定の根っこにあった感情を消化できたら、自分の気持ちも少しずつ出せるように変わってきた。

自己否定を解消する中で自分の気持ちを出すことの大切さを痛感し、以来ぶつかっても、夫には気持ちを出すようになったら起こるようになったのが、壮絶なバトル。

価値観が真逆の夫婦で、「分かりあう」に辿り着くまでに、相当な時間がかかっていた。

でも、自分は何に怒っていたのか?どこに傷ついたのか?相手は何を大事にしたかったのか?

「分かりあう」ために必要なこと。それが掴めると、価値観がどれだけ違おうが、「分かりあう」ことができる、ということを身をもって学んだ。

ちょうどその頃、アメリカの心理学者マーシャル・B・ローゼンバーグ博士が体系化された、NVC(Nonviolent Communication=非暴力コミュニケーション)という対話のプロセスに出会い、

自分が夫とのバトルを抜け出すなかで掴んだのは、まさにこれだったと感じる。

さらにこのNVCは、自分への思いやりも育てることができるコミュニケーション方法でもあった。

自己否定を繰り返す頭の中の会話も、いたずらに傷つけ合う言い合いも、
湧き上がっている感情を手がかりに、「本当に大事にしたいものは何なのか?」


これを掴めたなら、思いやりある関わり合いに変え、見えていなかった新しい解決策を生み出せる。とわかる。

この経験をもとに、「いたずらに自分も相手も傷つけず、本当に大事にしたいものを掴めたら」と生まれたのがこちらのワークショップ。



転機その3: 自己否定の理由。自分の個性を受け容れられた瞬間


自己否定の根っこにあったものが解消できたからといって、その日から自分のことを良く思えるわけじゃない。

ずっと「ここが良くない、あそこが良くない」そう思ってきたものは、簡単には消えない。

その見方をぐるりと反転させてくれたのが、人の性格上の強みがわかるVIA。今や業界を問わず大きなうねりとなっている“ウェルビーイング”。

その起点となったといっても過言ではない、心理学の新しい方向性を生み出した心理学者マーティン・セリグマン博士や、クリストファー・ピーターソン博士。彼らを中心とし55名にも及ぶ科学者たちの研究の結果誕生したのが、人の性格上の強みがわかる強み診断ツールVIA-IS

最初自分のVIAの強みを知ったときは、自分の良くないと思ってきたところが、強みとして並べられた結果にショックを受けた。

自分を否定し続けてきた理由、自分の個性、やめられない、ついやってしまうこと。これが強み…。自分にはこんなものしかない。

でも、ある2つのアプローチで自分のVIAの強みを掘り下げてみたら・・・。

自分の中にあるVIAの強みの素晴らしさ。美徳と呼ばれる所以を、全身で味わうことができた。

その素晴らしさがわかったら、その強みを持つ自分のことも、わかるようになった。そして、自分の個性を、自分を、受け容れることができた。

自分を大切な誰かを思うように、愛おしいと初めて感じられるようになった。

自分の個性を、強みとわかったからより良く活かせるようになった。自分を深く理解できるようになったからこそ、人を本当の意味で理解して、思いやれるようになった。

この経験をもとに、「自分の強みの素晴らしさを全身で味わって、自分を本当の意味で受け容れられる体験を」と生まれたのがこちらのワークショップ。





ちょっとしたことでつまずき、そのままネガティブの沼に落ちて、なかなか這い出せない。そんなところはなかなか変わらない。

それでも、ネガティブになりがちだからこそ、必死に向き合って、考えて、必要な学びを得て、這い上がるときには、必ず何かを掴んできた。

だからこそ「自分で気づき、腑に落ちれば、人は自然と良い方向に進み始める」がモットー。


実体験で変化をもたらした経験をベースに、ワークショップを開催し、

みなさまの表情が変わる瞬間を目の当たりにするのが、私の生き甲斐です。

Workshop

「自分で気づき、腑に落ちる」特別な体験のためのワークショップはこちらから 》》